トップページ > 記帳サポート

業務案内

記帳サポート

江戸川北青色申告会では、初めて帳簿をつける方を対象にした、簡易帳簿(事業用・不動産用)と 複式簿記の知識がある方を対象にした、総勘定元帳の2種類の帳簿をご用意しております。

記帳サポート(簡易帳簿事業用編)

1. 簡易帳簿編(事業用)

帳簿をつける事が初めての方にお勧めしている当会オリジナルの標準簡易帳簿(事業用)です。

本来、帳簿は科目ごとに記帳しなければなりませんが、この簡易帳簿では、「現金・預金」「売上(雑収入)・仕入」「経費科目」「事業主貸・借」が1つのページに記帳できます。

こちらが「現金・預金」「売上(雑収入)・仕入」を記帳する場所です。

こちらが経費帳になります。

空いている箇所は、オリジナル科目を管理 するのに使用していただけます。

毎月各科目の集計を付属している集計表に転記して頂き、一年分を合計すると、仮決算の集計表が出来上がります。

記帳サポート(簡易帳簿不動産編)

1 簡易帳簿編(不動産編)

帳簿をつける事が初めての方にお勧めしている当会オリジナルの標準簡易帳簿(不動産用)です。

不動産用の簡易帳簿では、「現金・預金」「賃貸料・(礼金・権利金・更新料」「各経費科目」「事業主貸・借」が1つのページに記帳 できます。

こちらが、「現金・預金」「賃貸料・(礼金・権利金・更新料等)」を記帳する場所です。

こちらが、経費帳になります。
空いている箇所は、オリジナルの科目を管理するのに使用していただけます。

毎月の科目集計を付属している集計表に転記して頂き、一年分を合計すると、仮決算の集計表が出来上がります。

こちらは、不動産所得の収入内訳明細書です。不動産決算書の2ページを作成するのに使用します。

記帳サポート(複式簿記編)

複式簿記用の帳簿には仕訳帳・総勘定元帳・合計残高試算表が必要です。

1 取引が発生した時に、仕訳をして仕訳帳に記入する。

仕訳帳とは、日々の取引を日付順に記帳していく帳簿で、総勘定元帳とともに複式簿記で記帳していくうえで必要となる主要簿です。
当会の仕訳帳の特徴は「借方・貸方」各々に色分けがしてあり、総勘定元帳(元帳)や合計残高試算表に転記するときに迷わずできるような工夫がしてあります。
仕訳の方法等わからない時は、江戸川北青色申告会でサポートしています。

2 仕訳帳から(総勘定元帳)元帳に転記をする。

総勘定元帳とは、すべての仕訳(取引)を勘定科目ごとに記帳していく帳簿です。
総勘定元帳も仕訳帳と同じく主要簿で、複式簿記で記帳していくうえで必ず必要になってくる帳簿です。各勘定科目の残高を日々確認できる帳簿になります。
当会の総勘定元帳の特徴は仕訳帳同様「借方・貸方」に加えて残高の場所にも色分けがしてあります。
下記の合計残高試算表に転記する場合にも転記ミスが起こらないよう工夫がしてあります。

3 毎月の集計を合計残高試算表に転記をします。

合計残高試算表とは、勘定科目ごとの「借方合計・貸方合計」と、勘定科目ごとの残高をあわせた表になります。個人事業主にとって、当月(一年分の集計なら当期)の「利益」や「財産」を明らかにするとても重要なものです。
上の部分が「貸借対照表」で財産の状況を把握し、下の部分が「損益計算書」で利益を把握します。
総勘定元帳の色分けされた、「借方合計・貸方合計」を合計残高試算表に転記をして集計していきます。
集計の仕方については、江戸川北青色申告会にてサポートしております。

入会のご案内
入会のお申込み
  • 会報を見る
  • お知らせを見る
  • 情報公開を見る
  • facebookを見る

アクセス

松江本部案内

江戸川区 松江2-23-13

地図はこちら

電話 03-3656-0621

FAX 03-3656-1104

平成29年3月31日をもちまして、小岩出張所は閉館いたしました。

長い間、ご利用ありがとうございました。

今後は、松江事務局のご利用宜しくお願い申し上げます。

e-Taxホームページ
【国税庁】ご紹介します 税の役割と税務署の仕事

ページのトップへ